トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

2-4 構造的アプローチから機能的アプローチへ

これまで見てきましたように、現代の痛み医療がうまく行っていないのは、構造的な面からのアプローチに終始しているからです。構造的アプローチというのは、椎間板ヘルニアとか軟骨のすり減りと言った構造的な変化が、痛みや凝り、しびれ感などの症状を起こしているという前提で診断している事です。

なぜ、構造的アプローチでは痛み医療がうまく行かないのでしょうか?それは、臨床的な症状は主に機能の変化と関連性が深く、構造的な変化との関連性はとても少ないのです。機能というのは「運動機能」「内臓機能」「免疫機能」など私たちの身体を維持し運営して行く働きの事です。

この機能に障害が出始めると臨床的な症状は顕著に表れ始めます。例えば運動機能に障害が出ると出来ない動きをカバーするために、通常はあまり使われない部位が過剰に使われ始めます。そうなるとそこに過負荷が掛かり、筋が損傷し痛みや凝りを発するようになります。

となりますと、CTやMRIで明確に見つかった構造的な変化は臨床的な症状とは無関係な事もあり得るという事を示しています。CTやMRIで「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「すべり症」「軟骨のすり減り」が見つかったからと言って、もしかするとそれは症状とは直接的な関係はないかも知れないのです。

それを示しているのが下記のグラフです。これは1995年に国際腰痛学会で発表された論文ですが、腰に痛みを感じていない無症状の人を調べた研究です。痛みがない人でもヘルニアは76%の人に見つかり、椎間板の変性は、何と85%の人に見つかったのです。


このグラフを見られた方は、腰痛で医療機関を受診し、「椎間板ヘルニアが見つかりました。」と言われても、それが本当に原因なのかはかなり疑問だと言わざるを得ないと感じられたと思います。

次のページ 「3,何が痛みを起こすのか?」

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【熊本県熊本市】
トリガーポイント塾
日時:2018年3月~6ヶ月間
会場:スガ歯科医院
住所:熊本市水道町1-23 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時B-1 2018年3月17日~6回
日時B-2 2018年6月16日~6回
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
TrP治療・内臓反射テクニック講座
日時:2018年3月18日~
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
ぎっくり腰ワンデイ講座
日時:2018年3月25日
A:10時~12時
B:16時~18時
会場:Ramtha福岡
住所:福岡市東区千早4-1-6 稲光Ⅱビル2階 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
トリガーポイント塾(基礎コース)
日時:2018年4月15日~4回
会場:兵庫勤労市民センター
住所:神戸市兵庫区羽坂通4丁目1−1 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ