トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

4-6 トリガーポイントが姿勢を決めている

トリガーポイントが姿勢を決めている

強い痛みは筋肉が収縮している時、短縮している時に起きているという事を前項でお伝えしましたが、この事は私たちの姿勢を決めている大きな要素のひとつでもあります。

つまり活性化したトリガーポイントが存在している筋肉に力が入ったり、その筋が縮む方向へ身体が動くと、トラブルを起こしている筋は痙攣を起こし痛みを発しますので、無意識的にその筋肉に力が入らない方向、伸ばす方向へ身体を持って行きます。

腰痛の写真

腰の痛みが強い時などに、腰を大きく屈めたりして、痛みが一番楽な姿勢を取る事を思い浮かべて頂くとよく理解出来るでしょう。

特に腰の痛みが強いときは、手を膝に当て体重を腕で支えようとします。これは身体を支える筋(特に腰方形筋)に力が入って強烈な痛みが起きるのを防ごうとしています。

一般的には身体が右へ傾いていると「右側が縮んで引っ張られているから、身体が右へ傾いている。だから右側を伸ばさなくては・・・」と考え、身体を左へ傾けて調整しようとしますが、身体を右へ傾けているのは、左側にTPが存在しているためなのです。
左側のTPを縮めてしまうと痛みが起きて来ますので、身体を無意識的に右側に傾けて、痛みが起きないように調整しています。

腰の痛みの図

(イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用)

ですから、単純に「右に傾いているから左へ戻そう」とするのではトリガーポイントが存在する筋肉を縮ませてしまう事になり、痛みを生じさせてしまうことになります。

傾いている身体を起こすには、反対側に存在するトリガーポイントを弛める事です。
トリガーポイントを弛める事無しに身体を起こしてしまうと、身体はつらい事になってしまいます。

この意味で、単純に「縮んでいるところを伸ばそうとするストレッチング」は間違いという事になります。

ストレッチングの写真

 

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【東京都八王子市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年7月26日(水)
 10時30分~12時
会場:ほぐしや本舗別館
住所:八王子市東町6-8 石橋ビル201 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年8月6日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
新トリガーポイント治療講座(Basic編)
日時:2017年9月9日(土)~
会場:あすてっぷ神戸
住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ 指導者養成講座
日時:2017年9月10日(日)~
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【愛知県豊田市】
新トリガーポイント治療講座
 「Basic編」
日時:2017年9月16日(土)~
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ