トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

5.トリガーポイントが起こす症状

トリガーポイントが起こすのは痛みだけではありません。

トリガーポイントが起こす様々な症状を「筋筋膜性疼痛症候」と呼ばれています。「群」と言われるだけあって、「痛み」「こり」だけではなく、多岐にわたっています。

(トリガーポイントが起こす様々な症状)

  • 痛み・凝り(頭痛、歯痛、腰痛、背部痛、胸部痛、腹部痛、四肢痛)
  • しびれ感(ジンジンする、ピリピリするなど)
  • 感覚の麻痺
  • 感覚の異常(味覚、聴覚、触覚、視覚など)
  • 痛覚過敏
  • 平衡障害、めまい、耳鳴り
  • 足腰の冷え、手先足先の冷え
  • 発汗異常(汗をかきやすい、かきにくい)
  • 筋力低下
  • 関節の可動域制限
  • 皮膚の異常(湿疹、シミ、ツッパリ、脱毛、ピーンと張った皮膚)
  • 爪の異常(割れやすい、硬化、肥厚)
  • 静脈瘤、むくみ
  • 不定愁訴(自律神経失調症状)
  • 全身性の疲労、眼精疲労、睡眠障害
  • 気分の落ち込み、感情の乱れ

このようにトリガーポイントは様々な症状を引き起こしますが、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の事を知らないで診察をしますと、別の疾患として診断されてしまう事になってしまいます。

故ケネディ大統領の主治医だったDr.Janet G. Travellらはその著書「筋膜痛と機能障害-トリガーポイント・マニュアル」でも、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)が誤診されている例をたびたび述べています。

筋筋膜性疼痛症候群が別の病気に誤診されている可能性がある疾患

  • 狭心症⇒斜角筋、大胸筋などのトリガーポイント
  • 不整脈⇒右の大胸筋のトリガーポイント
  • 虫垂炎⇒小腰筋のトリガーポイント
  • 頻尿・尿意切迫・残尿感⇒下腹部 諸筋のトリガーポイント
  • 耳鳴り⇒咬筋のトリガーポイント
  • 難聴⇒胸鎖乳突筋のトリガーポイント

目次

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年9月26日(火)
   15時~15時45分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年10月1日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【埼玉県吉川市】
メディカルヨガ体験教室 
日時:2017年10月1日(日)
会場:旭地区センター
住所:吉川市 旭6番地4 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ