トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

6-3 トリガーポイント治療と脱感作

「感作」というのは耳慣れない言葉だと思いますが、簡単にいうと「過敏になる」ということです。
強い痛みを何度も経験したり、長期にわたって痛みが続くと、刺激に対して過敏になることがあります。
このことを「感作」と言います。

過敏になってしまうと、従来は「1」の刺激に対して「1」の痛みを感じていたものが、「1」の刺激に対して「3」にも「5」にも増幅された痛みに感じるようになってしまいます。
そのため、ちょっと触れた程度でも「痛い!」という状態が起き始める事になります。
さらに、温度や湿度の変化や、感情の変化にまで敏感に反応し始めます。

このように過敏になった所を元の状態へして行く事を「脱感作」と言います。
「脱感作」というといかにも難しい事をするのではないかと心配される方もおられるでしょうが、ご安心下さい。やり方はいたって簡単です。

トリガーポイント治療を行っている医療機関では、トリガーポイントに局所麻酔薬を注射することで脱感作して行きますし、鍼でトリガーポイント治療をしている治療院では、感作状態の所へ鍼を打って脱感作します。

次ページ:6-4 治療法

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【疼痛ゼロの日シンポジウム】
日時:2019年11月23日(土)13時~15時
会場:福岡県中小企業振興センター 2 階 ホール A
住所:福岡市博多区吉塚本町9−15 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
TRA筋肉反射テクニック講座
日時:
①2020年2月16日(日)10時~17時
②2020年3月15日(日)10時~17時
③2020年4月19日(日)10時~17時
会場:あすてっぷ神戸
住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ