トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

1.トリガーポイント研究所の目的

その背景

トリガーポイント研究所は、痛みで困っている方に笑顔を取り戻して頂きたいという思いで設立された組織です。

私たち日本人が困っている症状のトップ3は「腰痛」「肩こり」「関節痛」で、この症状で困っている人々は増え続けています。
医学が進歩しているのに、腰痛や肩こりで困っている方が一向に減らないのはどうしてでしょう。

私たちは、現在行われている痛み医療が前提としている、構造上のトラブル(骨や軟骨の異常など)では、痛みの全体像はつかめないと考えています。その為、激痛で受診しても、レントゲンやMRIで構造的な異常が見つからなければ、「特に異常はありません」と言われ、湿布と痛み止めを処方されて痛みに耐えるしかないというになります。

そこで私たちは、痛みやこりの本当の原因を多くの方に知って頂くことで、痛みを早く取り除き、何年も、何十年も痛みで苦しむという不幸な状況を転換できると考えています。また、身体的、心理的、経済的な痛みを伴う手術も、筋や筋膜に対する適切な処置を行うことで避ける事ができると考えています。

1980年代にTravell博士(故ケネディー大統領の主治医)とSimons博士により、筋や筋膜などに生じるしこり(トリガーポイント)が痛みをはじめとする、さまざまな症状を引き起こしているという論文が発表され、それらの症状は筋筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome:MPS)と名付けられました。

この概念から痛み症状を見ると、今まで「異常なし」とされていた痛みの原因がよく見えてきます。また、不定愁訴(自律神経失調症)とされたり、精神的な問題とされてきた様々な身体の不調も、筋筋膜性疼痛症候群の視点で治療を行うと、軽減したり消失することが多くみられます。

しかし、この筋筋膜性疼痛症候群という概念は、我が国の医学では取り上げられておらず、医師の方をはじめ、治療に関わっておられる多くの方がこの概念を知らないという状況にあります。

ようやく2009年3月4日(水)にNHKで、頑固な凝り、慢性痛の真犯人として、トリガーポイントが取り上げられましたが、これが我が国の常識となるにはまだまだ相当な年月を要すると思います。

※放送の概要についてはNHKのサイトで見ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090304.html

研究所活動の基本

トリガーポイント研究所では次の3点を活動の基本としています。

  1. 痛みやこりの原因がトリガーポイントにあることを知って頂く為の啓蒙活動
  2. 長年、痛みやこりで苦しんでいる方に楽になって頂くための情報やトリガーポイント治療の周知活動
  3. トリガーポイント療法を取り入れたい治療家の方へ情報提供活動

現在、痛みで困っている方々を対象とした「痛みが楽にセミナー」、「メディカル・ヨガ体験教室」を開催し、痛み医療に関わっておられる方を対象とした「痛みとトリガーポイント治療のワークショップ」「デンタル・セラピスト養成講座」「整体ボランティア養成講座」などを開催しています。

目次

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年9月26日(火)
   15時~15時45分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年10月1日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【埼玉県吉川市】
メディカルヨガ体験教室 
日時:2017年10月1日(日)
会場:旭地区センター
住所:吉川市 旭6番地4 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ