トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

突き指がなかなか治らない

痛みの多く(80~90%)は、2週間ほどで消失すると言われていて、腰の痛みや膝の痛みを感じても、数日は特に気になっても、時間の経過と共にあまり気にならなくなって、10日前後経つ頃には忘れてしまっている事が多いものです。しかし、数週間経ってもなかなか痛みがひかず、治まるどころかだんだん痛みが強くなって慢性化するケースがあります。当サイトを訪問されている方の多くは、このように慢性化した痛みで困っている方でしょう。

先日、トリガーポイント研究所に痛みの相談に来られた方は、30代の女性でした。 半年ほど前に突き指をして、未だに治らずに困っているという事でした。指先を使うお仕事なので、とても不自由をしているという事でした。見させていただくと、確かに指の付け根の関節が腫れていて、そこを押すと痛みを訴えられます。 さらに手を握る動作でも痛みを感じ、指を完全に折りたたむ事ができなく、力も入らないという事です。

このような場合に考えなければならないのは、なぜ痛みが消失せず痛みが続いているか? つまり何か治癒力を阻害しているものがあるから、治りにくくなっているという事です。その治癒力を阻害しているものを見つけて、それにアプローチしなければ、慢性化した痛みは改善できないと言うことです。

指や手、腕などの障害で、なかなか治らない痛みやしびれがある場合は、まず「斜角筋」のトラブルをチェックしなければなりません。

この筋肉のトリガーポイントは腕、手、指、胸、背中など、上半身のさまざな領域に関連痛を引き起こします。 そしてこの関連痛領域に生じたトラブルは治りにくくなってしまいます。

この方の場合も、斜角筋のトリガーポイントを押さえて手を握っていただくと、痛みもなく、力も入ります。 押さえないで同じ動作をすると、痛みが生じ力が入らなくなります。 従って、斜角筋のトリガーポイントを指圧したり、PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)を行いましたら、痛みがほとんど消失し、握力は快復しました。

 

次の記事:トリガーポイント・エクササイズ無料体験教室 京都市:6月8日(水)
前の記事:久留米市でトリガーポイントの勉強会を開催

2011年5月12日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年9月26日(火)
   15時~15時45分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年10月1日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【埼玉県吉川市】
メディカルヨガ体験教室 
日時:2017年10月1日(日)
会場:旭地区センター
住所:吉川市 旭6番地4 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ