トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因です。

トリガーポイント研究所

多くのトラブルに関わる姿勢筋

腰が痛む、腕が挙がらない、膝が痛むなど、トリガーポイントが原因の痛みで悩んでいる方はとても多いのです。

痛みに関わっているトリガーポイントにアプローチしても、痛みの改善度が低いような場合は、体幹を支えている「姿勢筋」のトラブルへのアプローチで解決することが臨床的には多いと感じています。

下図は身体の深部で私たちの身体を維持する筋膜ラインで「深前線」と呼ばれています。
左側の図を見て頂くと、体幹の中心部を走り体幹の維持に働いている事がよく分かります。

アナトミー・トレイン―徒手運動療法のための筋筋膜経線 より

この為、この姿勢維持機能にトラブルが生じますと、それに対応して、運動系の筋・筋膜に過緊張やアンバランスが生じ、トリガーポイントが生じるようになります。

痛みやシビレなどは、運動系の筋・筋膜で感じますので、どうしてもそちらに目が行ってしまいますが、姿勢筋に着目して頂くと、多くの痛みや愁訴が改善します。