トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因です。

トリガーポイント研究所

トリガーポイントとの出会い

トリガーポイントという言葉に出会ったのは2000年頃だったので、もう20年近く経つ。

インターネットでトリガーポイントという言葉を知り、その当時はトリガーポイントについての本は一冊しか見つからず、その本を思い切って購入して読んだのがトリガーポイントとの出会いである。

しかし、当時はトリガーポイントというのは特殊な例で、まれに痛みを遠くまで飛ばすシコリがあるのだろうと理解していたので、いつもの施術では上手く行かない時に、トリガーポイントの図を思い出して使っていた。

トリガーポイントの図で見事に症状が消失した最初の経験は腸肋筋上のトリガーポイントだった。

腸肋筋上のトリガーポイント

(イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用)

その後、長谷川淳史先生が主催されているTMSジャパンの会員となった時に、会員の中に加茂淳先生がおられた。

名誉顧問 加茂淳

どんな先生なんだろうと、加茂先生のサイトを見させて頂いたら、そこには痛み医療関係の情報が読み切れないほどアップされていて、ほとんどの痛みが「トリガーポイント」にあると書かれていた。

「え~!痛みのほとんどがトリガーポイントが原因!」と驚き、その視点で診断・施術をするようになったら、確かにトリガーポイントが痛みの原因となっている事が多いことを確認出来た。