トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因です。

トリガーポイント研究所

椎間板変性と痛みの関係

腰痛で医療機関を受診すると、「腰椎がつぶれている」「椎間が狭くなっている」「椎骨が変形している」などの指摘を受け、これらが痛みの原因とされることが多いのですが、これら椎間板の変性と痛みとの関係についてははっきりと関連性があるとは言えないのです。

下図をご覧下さい。これはTMS-Japanの長谷川淳史先生が開催されています「TMSメソッド」のデータです。

  腰痛患者(200名) 健常者(200名)
脊椎すべり症 1.5% 2.5%
腰椎移行椎 13.5% 9.5%
潜在性二分脊椎 3.0% 26.0%
椎間狭小 21.5% 31.0%
変形性脊椎症 20.0% 34.0%
脊柱側弯症 30.0% 45.5%
腰椎前弯過剰 1.0% 2.5%
腰椎前弯減少 22.0% 22.0%
骨粗鬆症 1.0% 2.5%
椎体圧迫骨折 0.0% 10.5%

このように、「腰痛患者」と「健常者」のデータが入れ替わっているんじゃないか?と言いたくなるほど、腰に痛みを感じていない「健常者」でも、腰椎の変性は多く見られるのです。

かと言って、人体の複雑精緻な機構のすべてが明らかになっているわけではありませんので、「関連性がない」という証明もできません。

これらのことについて、京都市の江原鍼灸整骨院を経営されている江原吉昭先生がブログに書かれていますので是非ご一読下さい。

 記事⇒ http://eba2005.exblog.jp/15548157/