トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

トリガーポイントへのアプローチだけでは改善出来ない

トリガーポイントという概念を知ってからは、トリガーポイントの関連痛図を頭に入れて施術をするようになったが、患者さんが痛いと言われる場所に関係すると思われるトリガーポイントを弛めても改善しない事がある事が分かってきた。また、その場では改善しても、すぐに再発する場合もあり、「これはトリガーポイント出来る原因まで考えないと改善出来ない」と考え始めた。

そこで、筋筋膜性疼痛症候群について調べて行くと、トリガーポイントが出来る原因、治り難くなる要因について次のような事が挙げられていた。

1,外傷
2,老化
3,神経根の圧迫
4,心理的ストレス
5,内分泌で代謝性欠乏症
6,栄養不足
7,慢性感染症
8,慢性的筋肉アンバランス

この中で「慢性感染症」など施術家ではいかんともしがたい項目もあるが、「心理的ストレス」や「栄養不足」は取り組めると考え、アドラー心理学や交流分析、分子栄養学などを学び始めた。

2019年9月18日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【疼痛ゼロの日シンポジウム】
日時:2019年11月23日(土)13時~15時
会場:福岡県中小企業振興センター 2 階 ホール A
住所:福岡市博多区吉塚本町9−15 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ