トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

痛む所に原因がない?!

身体の痛みはどこに生じてもつらいものです。
私たちが医療機関を訪れるきっかけは
「痛み」が最も多いと言われています。

しかし、その痛み医療が日本ではかなり立ち遅れています。
愛知医科大学・痛み学講座のホームページには
「日本の痛み医療は20年遅れています」
と書いてありますが、実際その通りだと思います。

※愛知医科大学痛み学講座へ⇒

実際「痛み」というのはとても複雑で
未だに解明されていない事が多くあります。

痛み医療を難しくしている原因の一つに「関連痛」があります。

「神経痛」はよく耳にしますが、「関連痛」という言葉を知っている方は少ないでしょう。
ある場所を刺激すると、痛みが遠隔部に放散する現象の事で、
神経の走行に沿って発現しないので、
「神経痛」とは言わず「関連痛」と呼ばれています。

今回はこの「関連痛」を取り上げました。
 


<痛みの三種類>

1,痛む場所に痛む原因がある場合。
2,他の部位の痛みを感じている場合。
3,痛む場所にも原因があり、他の部位の痛みも感じている場合。

「2,他の部位の痛みを感じている場合。」

この事は痛み治療ではとても大切なことですが
見落とされている事が多いのです。

この痛みは通常の神経の走行に沿って起きないので
「神経痛」とは言わず「関連痛」と呼ばれています。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には
次のように書かれています。

「関連痛(かんれんつう、Referred Pain)とは、
ある部位の痛みを異なる部位の痛みと脳が勘違いをすることによって発生する。

人体に存在する神経は、枝分かれをして各所に伝わっているため、
脳は同じ神経束を源とする場合や、隣接する神経束の信号伝達を
痛みが発生している場所と勘違いをする場合がある。

例えば、かき氷を食べ、咽頭神経が刺激される事により発生した信号を、
後頭部またはこめかみの痛みと誤認知すること。
これはアイスクリーム頭痛(icecream headache)とも呼ばれる。」

ここに書いてあります、「アイスクリーム頭痛」であれば
多くの方が経験しているので「関連痛」という現象を理解やすいでしょう。

しかし実はこの「関連痛」はアイスクリームを食べた時だけでなく
いろんな所で起きています。

例えば、肩こりの筋肉と言われる肩の「僧帽筋」にしこりができますと偏頭痛を起こしますし、
大腿部の「大腿直筋」にしこりができますと、膝関節で痛みを感じます。

多くの方は、このように「偏頭痛」が起きたときは、頭を押さえたり冷やしたりしますし、
膝が痛むと膝をマッサージしたり湿布を貼ったりするでしょう。

しかし実際は頭や膝に原因があるわけではありませんので
さっぱり効かないという事になります。

そしてこの「関連痛」の事が、現在の医療機関では見落とされていますので、
何ヶ月も、何年も通院しても腰痛や膝の痛みが改善されないという問題が生じています。

筋のトラブルに目を向け、「関連痛」という視点で痛みを診ると
早期に改善するはずの痛みを、現代医療は慢性化させ
痛みで苦しむ方の生活の質を低下させてしまっています。

次の記事:整形外科と心療内科の間をたらい回し
前の記事:頭の支え方で痛みを軽減できる!?

2009年8月13日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年10月スタート
 第3・第4火曜日
10時30分~11時30分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【静岡県沼津市】
メディカルヨガ ワンデイ講座
日時:2017年12月10日(日)
午前の部 10時~11時30分
午後の部 14時~15時30分
夜間の部 18時30分~20時
会場:サンウエルぬまず
住所:沼津市日の出町1-15 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ