トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

基本用語

トリガーポイント治療を学ぶに為に必要な用語です。

1)筋について

・起始と停止
・伸筋-屈筋
・主動筋-拮抗筋
・収縮の様態:短縮性収縮、伸長性収縮、等尺性収縮、
・伸張反射
・相反抑制

2)骨格について

頸椎(C)、胸椎(T)、腰椎(L)、仙椎(S)、棘突起、横突起、PSIS(後上腸骨棘)、ASIS(前上腸骨棘)
胸骨柄、剣状突起、恥骨結合、坐骨、大転子、小転子、腓骨頭

 3)主な関節

肩関節、肩鎖関節、腰仙関節、股関節、仙腸関節、膝関節、足関節

 4)動きについて

屈曲・伸展・側屈、内転・外転、内旋・外旋、内反・外反、回内・回外

5)体位について(治療姿勢)

立位、座位、伏臥位(腹臥位)仰臥位(背臥位)・側臥位

 6)治療テクニックについて

【指圧】
拇指、四指、前腕、掌底などを使って押圧(指の使い方、体の使い方が重要)

【虚血圧迫】
10~20秒間同じ圧を加えて虚血状態を作り、それを解放したときに生じる血液やリンパ液の環流によって老廃物を除去しTrPを改善させる方法。

【関節モビライゼーション】
関節のあそびを回復させる為のテクニック。押圧・牽引・揺らしなどを使用する。

【KKR法(筋膜・骨膜連鎖調整法)】
二点以上のポイントを同時の押圧して筋膜ラインやTrPを調整する方法。

【TG法(テンセグリティ法)】
筋膜の張力を変化させて筋膜を調整したり、TrPを施術する方法。
カウンターストレイン・PRT(ポジショナル・リリース・セラピー)などを含む

【筋反射テクニック】
筋の反射を使う施術法。PIR、MET、等張性収縮法、操体法etc

【内臓回復テクニック】
内臓の反射区を治療することで内臓機能の回復を図るテクニック。

【心理療法】
「心身一如」の考え方から、心理的な関わりによって体の生理を整え、改善に導く。
・認知行動療法
・認識療法
・認知療法

次のページ⇒「(1)信頼関係の構築」

2017年9月13日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年10月スタート
 第3・第4火曜日
10時30分~11時30分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【岡山県赤磐市】
痛みが楽になるセミナー
日時:2017年11月17日10時~12時
会場:とんぼ邸
住所:赤磐市苅田295-1 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ