トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

知られていない「痛みと食べ物の関係」

「オーソモレキュラー療法」という言葉をご存知でしょうか、筋筋膜性疼痛症候群やトリガーポイントの事も知られていないのですが、「オーソモレキュラー療法」という栄養療法も知られていない考え方です。

図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった! 」によりますと、オーソモレキュラー療法とは『生体内に正常にあるべき分子を至適濃度に保つ充分量の栄養素を摂取することによって、生体機能が向上し、病態改善が得られる治療法』とされています。

たとえば、パニック障害の診断においては、動悸、身震いなど13の症状のうち4つ以上が急に発症し、10分以内に症状がピークに達した場合に、パニック障害と診断されます。しかし、この13の症状の多くが「鉄分欠乏」の症状と合致しているのです。つまり精神疾患とみなされ、向精神薬で治療がなされがちな症状なのですが、適切な栄養素を摂取することで改善できる可能性があるということです。

実際、トリガーポイント研究所に相談に来られた方で、パニック障害や極度の睡眠障害がある方々が、このオーソモレキュラー療法によって、食べ物を変え、足りない栄養素をサプリメントなどで補うだけで、向精神薬を使わずに短期間で回復されています。

また、オーソモレキュラー療法の考え方に基づいて、食の在り方を変え、糖質制限を徹底し、鉄分不足などを補った方々は、精神疾患だけでなく、首や上背部のしつこい痛みや不快感、痛みに対する過敏性が解除されて行きます。つまり、食べ物(栄養素)は精神状態にも、痛みにも深い関係があるのです。

このことは、トリガーポイント・マニュアルをまとめたトラベル博士らも、慢性痛が治りにくい原因の一つして「栄養の不足」を挙げています。

「筋膜トリガーポイント痛症候群を持つ患者において特に関心を持たれる栄養素は、水溶性のビタミンB1、B6、B12、葉酸、ビタミンC、カルシウム、鉄分およびカリウムである。ビタミン類は筋筋膜性疼痛症候群の治療において非常に重要である。(中略)ビタミン不足、ミネラル不足は神経系における刺激受容性の増大をもたらし、あきらかに筋膜トリガーポイントの刺激受容性が増大し、神経反射が増大する。」と書かれています。

どんな治療を受けてもなかなか治りにくい方、ちょっとした刺激で症状が悪化したり、筋肉が痙攣を起こすような方は、食の在り方を是非見直されてください。

 オーソモレキュラーの情報についてはこちら⇒

2012年9月5日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【兵庫県神戸市】
新トリガーポイント治療講座
「Basic」
日時:2017年9月9日(土)~
会場:あすてっぷ神戸
住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ 指導者養成講座
日時:2017年9月10日(日)~
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【愛知県豊田市】
新トリガーポイント治療講座
 「Basic編」
日時:2017年9月16日(土)~
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年10月1日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【埼玉県吉川市】
メディカルヨガ体験教室 
日時:2017年10月1日(日)
会場:旭地区センター
住所:吉川市 旭6番地4 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ