トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

腰痛治療のワークショップアドバンス 北九州市 8月5日

ワークショップ開催の背景

痛み治療においてトリガーポイントや筋筋膜性疼痛症候群についての知識やスキルは欠かせません。また、どのように診断し、痛みの原因を推測して行くのか?その原因をどの治療法を使用するのか?などを判断して行くための知識と技術が必要です。

そこで、トリガーポイント研究所では、痛み治療に関わっている方、これから治療家を目指している方を対象としたワークショップを各地で開催してまいりましたが、より深く痛み治療のあり方について学びたいという要望が多く寄せられましたので、テーマを限定した「ワークショップ・アドバンス」を定期開催する運びとなりました。

今回は「腰痛とトリガーポイント治療について」というテーマで、座学と実技指導を行います。

「痛みとトリガーポイント治療のワークショップ」を受講された経験のない方は、6月23日(土)に行いますワークショップを併せて受講されると理解が深まります。

「腰痛」のワークショップ・アドバンスに参加された方の声(2012年2月2日加古川市)

  • 手技は簡単なのにこれで腰痛がとれるのですからすごいです。
  • 腰痛に関与している筋へのアプローチの優先順位がよく分かりました。
  • 自分自身が腰痛持ちですので、実際に腰痛を治して頂き感動しました。
  • 今までに見たことのない施術内容にびっくりしました。
  • 腰方形筋へのアプローチに苦労していましたので、今回教えて頂いた手技が役立ちそうです。
  • 腰痛治療の引き出しが増えました。

    

ワークショップ(アドバンス・コース)の概要

トリガーポイント治療を行う上で重要な「診断スキル」「治療理論」「治療スキル」などを、詳しくご紹介するワークショップです。通常は講座形式で行っていますが、継続的に参加できない方の為に、講座の内容を分割し、毎回内容を変えたワークショップとして行います。すべてを受講されますと、通常行っている講座を受講された事になります。

全体を通した基本概念は下記の通りです。 

的確に診断ができる知識と診断技術

「痛み治療」には「指圧」「筋膜リリース」「PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)」など様々なテクニックが使用されますが、痛みやコリを効果的に軽減、消失させるには、「どの治療法を」「いつ」「どこに」使うのかという診断を的確に行わなければなりません。

身体は内外の変化に対してユニットとして対応していますので、患者さんが現在感じている痛みやこりにとらわれず、最初に生じた障害やトリガーポイントを見つけ出さなければなりません。これには問診、動診、触診の知識と技術が必要です。問診、動診、触診を通して、治療の対象部位、治療法の選択、手技の使用時期などを判断し選択を行います。

機能の変化をキャッチするスキルと感覚

痛み医療に関わる方は、「構造的アプローチから機能的アプローチ」というパラダイムシフトをしなければなりません。 「椎間板ヘルニア」「軟骨のすり減り」といった構造的な変化は、臨床的な症状とは関係がない場合が多いのに対し、機能の変化は臨床的な症状に直結していることが多いため、私たち治療家は「機能的変化」をキャッチできなければなりません。

機能の変化をキャッチする「感覚」は、あくまでも主観的なもので共有しにくいため科学的根拠になりにくいのですが、機能の変化を捉えるにはなくてはならないものです。そして痛み治療にはこの感覚が何よりも武器になります。機能の変化をキャッチできる感覚を磨くことは痛み医療に欠かせない要素です。

機能障害の連鎖を推測できる知識と検査スキル

「筋の異常なパターン」や「外傷」「内臓の機能障害」などは、身体のどこかにブロックを生じさせ、そのブロックされた部位を補償するために「過度の運動性」が生じます。そしてこの過度に使用された部位には筋の障害が生じやがて二次的なブロックを生じさせるようになります。このように機能障害は次々に連鎖を起こして行きやがて全身性の問題となってきます。

また分節単位では「運動機能」「内蔵機能」「筋(トリガーポイント)」「皮膚」などは互いに影響し合うため、その関連性の評価が必要となります。特に脊椎(運動系)と内臓の相関作用については、予想すべき可能性がいくつかあります。

  • 脊柱(運動系)が内臓疾患と誤認されるような症状の原因となっている。
  • 内臓障害が運動系のいずれかの罹患と紛らわしい症状の原因となっている。
  • 内臓疾患が分節における反射反応の原因となっている・(運動分節のブロックを含む)
  • 分節運動制限の原因だった内臓疾患は治癒したが、ブロックが残ったため内臓疾患と紛らわしい症状を作っている。
  • 運動分節の障害が内臓疾患の原因となっている。(潜在性の罹患の場合もある)

痛み治療を的確に行うには、このような機能障害の連鎖への深い理解が必要です。

トリガーポイントを効果的に不活性化する療法

  • 傾聴技術・説明力(患者さんの訴えを聴く技術は治療の一環。また痛みをきちんと説明できることも治療の一環)
  • 全体調整の為にスキル
  • トリガーポイントを弛める為のスキル

腰痛治療ワークショップ・アドバンスの内容

テーマ:「治療方針を決める問診の在り方と腰痛治療」

座学(約1時間) 

  • 腰痛治療の問診法
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)の治療方針の立て方と治療法 
  • 慢性腰痛の診断法 (どこに問題があるのか?)
  • 座骨神経痛様症状の治療法

実技(約3時間) 

  • 腰痛の診断法
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)の治療実技
  • 慢性腰痛の部位別治療実技
  • 座骨神経痛様症状の治療実技

質疑応答(30分)

対象

  • 痛み治療に関わっている方
  • 今後治療家を目指している方

講師

トリガーポイント研究所 専任講師 一木禧廣(鍼灸師、TPセラピスト、Ramtha飯塚 院長) 

詳細

名称 痛み治療のワークショップ・アドバンス(腰痛)
開催日時 2012年8月5日(日)13時~18時 開場12時30分
開催場所

和裁専門 若葉学園
北九州市小倉北区足立2丁目3−27
(小倉駅 5番バス乗り場乗車、妙見通り下車が便利です)


大きな地図で見る

受講料金 8000円 (参加申し込みが必要です)
定員 15名(申し込みが5名以下の場合は延期する場合があります)
主催 トリガーポイント研究所 (http://trigger110.net)
申込先 トリガーポイント研究所 参加申し込み tel:092-201-1027
申込締め切り 2012年8月2日(定員に達しました場合は早めに締め切ることがあります)

 

2012年6月9日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年10月スタート
 第3・第4火曜日
10時30分~11時30分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【静岡県沼津市】
メディカルヨガ ワンデイ講座
日時:2017年12月10日(日)
午前の部 10時~11時30分
午後の部 14時~15時30分
夜間の部 18時30分~20時
会場:サンウエルぬまず
住所:沼津市日の出町1-15 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ