トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

線維筋痛症とトリガーポイント

11月20日から熊本市のスガ歯科医院の治療室をお借りして、「整体ボランティア養成講座」を開催しています。この開催が実現したのは、スガ歯科医院の菅健一院長のご協力があったからです。

 スガ歯科医院のサイト⇒

管院長は歯科医でありながら、心療内科登録医でもあり、糖尿病協会登録医でもあります。痛みや不定愁訴といった、多くの方の悩みに真摯に取り組んでおられます。以前から全身性の激しい痛みが生じる「線維筋痛症(FMS)」にも取り組んでおられ、これまで行って来られた咬合不全の治療に、全身的な視点でのトリガーポイント治療を組み合わせることによって、より効果的な治療を行いたいということで、今年6月に久留米市で行いましたワークショップに参加されました。

トリガーポイントが起こす様々な症状を筋筋膜性疼痛症候群(MPS)と言いますが、線維筋痛症(FMS)とも深い関係があります。Wikipediaには次のように病理が紹介されています。

腰痛症頸肩腕症候群変形性関節症などから慢性局所痛症(chronic regional pain: CRP)や慢性広範痛症(chronic widespread pain: CWP)が引き起こされる。これらCRPやCWPから線維筋痛症(fibromyalgia syndrome: FMS)へ進行すると考えられている。 (Wikipediaより)

つまり、最初は肩こりや首の痛み、腰痛などがあり、それが適切な治療を受けられなかった為に、徐々に慢性化し、過敏性が増し全身性の症状となって行き、線維筋痛症のような激しい痛みを伴う症状へと進行していると考えられるという事です。その意味で、早期に痛みを改善することが大切であり、その為には、筋筋膜性疼痛症候群の視点で治療が行われることが重要です。

トリガーポイント研究所にも線維筋痛症と診断された方からのご相談が多く寄せられています。「起き上がれない」「家事もできない」「ひどい痛みでつらい」など、お聞きしているだけでも胸が痛くなるお話しばかりです。このような重篤な症状も、筋筋膜性疼痛症候群の視点で痛みの原因となっているトリガーポイントを弛め、リンパの流れや低下した内蔵機能を回復する施術を行いますと、痛みも緩和し、身体が軽くなって、動きも良くなります。

下の切り抜きは、2010年6月4日の熊本日日新聞ですが、スガ歯科医院で行われている線維筋痛症への取り組みを取材した記事の一部です。全文は熊本日日新聞のサイトで閲覧できます。

 熊本日日新聞の掲載ページへ⇒

 

 

次の記事:整体ボランティア養成講座(飯塚市) 火曜・夜コース
前の記事:トリガーポイント・セラピー(整体)講座 Basicコース 熊本市

2011年11月21日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【兵庫県神戸市】
新トリガーポイント治療講座
「Basic」
日時:2017年9月9日(土)~
会場:あすてっぷ神戸
住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ 指導者養成講座
日時:2017年9月10日(日)~
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【愛知県豊田市】
新トリガーポイント治療講座
 「Basic編」
日時:2017年9月16日(土)~
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年10月1日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【埼玉県吉川市】
メディカルヨガ体験教室 
日時:2017年10月1日(日)
会場:旭地区センター
住所:吉川市 旭6番地4 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ