トリガーポイントとは?腰痛・肩こり・関節痛などの痛みの原因です。

トリガーポイント研究所

オンライン・トリガーポイント講座(ベーシック・全8回)

オンラインZOOM連続講座

開催日時 7月24日(土)~10月30日(土):全8回:20時~21時30分
講師 佐藤恒士(トリガーポイント研究所)
参加資格 治療家の方・治療家を目指されている方
費用 下記参照
申込方法 下記参照

痛みや不定愁訴を改善するには筋筋膜性疼痛症候群の視点での治療が必要ですが、それにはまず「トリガーポイント」がどうして生じるのか、それを改善するにはどのような治療法があるのかを学び、それを患者さんの状態によって使い分ける事がとても大切です。

トリガーポイントが生じる原因はいろいろとあり、その原因に応じた治療がなされなければ効果が上がらないからです。

効果的な治療を行うには、次の項目が大切だと考えています。

①的確な診断を行う為の理論とスキル
②治癒力阻害因子(治りにくい要因)の把握
③トラブル部位を確認するための触察・動診技法
④シンプルで効果的な治療技術

今回のオンライン講座では、特に「診断スキル」及び「シンプルで効果的な治療技術」を中心に、講座の中で丁寧に指導致します。

診断スキル

効果的な治療を行うには、その原因を探す診断スキルがとても大切です。
技術を学び、磨き上げる事も大切ですが、的確な診断ができてこそ技術が生きてきます。

シンプルで効果的な治療技術

トリガーポイントを治療するには様々な治療法がありますが、その中でも患者さんの身体への負担ができるだけ少なくて、治療効果が高いスキルを身に付ける必要があります。

トリガーポイント研究所では、『KKR法(筋膜骨膜連鎖調整法)』という筋膜の連鎖を整える技術をお伝えしています。今回の「トリガーポイント講座(ベーシック)」では、この理論と技術を中心にご指導致します。

この考え方と技術を身につけられることで、腰痛、肩こり、関節痛などを速やかに改善に導くことが出来るようになります。的確な診断が出来るようになりたい方、トリガーポイント治療を学びたい方の為の内容です。

<概要>

【診断法】

◇問診のポイント 
-問診によって、原因の70~90%を推定する事が出来ます。 
-聞き方のポイント 
-診断の為の問診と信頼関係を作るための問診

◇動診のポイント
ー痛みの多くは「動作痛」です。動作痛の診断ができることが施術効果を最も上げる方法です。
-動診の基本理論 
-触診の重要ポイント

【トリガーポイント治療法】

◇全身の筋膜連鎖をリバランスする調整法
 -上記の診断によって得られた情報を元に、全身のバランスを整える。

◇KKR法 
-筋膜・骨膜連鎖のラインを触診し、ラインの情報を得ながら調整して行く。 

◇深部感覚受容器反射テクニック
-重要ポイントを「深部感覚受容器反射」の視点で改善へと導く。

スケジュール

第1回:2021年07月24日(土)20時~21時30分
第2回:2021年08月07日(土)20時~21時30分
第3回:2021年08月21日(土)20時~21時30分
第4回:2021年09月04日(土)20時~21時30分
第5回:2021年09月18日(土)20時~21時30分
第6回:2021年10月02日(土)20時~21時30分
第7回:2021年10月16日(土)20時~21時30分
第8回:2021年10月30日(土)20時~21時30分

※オンラインで受講出来なかった場合は、「見逃し配信」致します。

受講料(全8回分)

  • 一般の方:6000円 
  • トリ研会員(新規受講):3000円 
  • トリ研会員(再受講):1000円

お申し込み

下のお申し込みフォームからお願い致します。