トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

十一月六日「抽象と具体」

漢字熟語に、相対する一組の漢字熟語に「抽象と具体」がある。広辞苑の説明によると、「抽象」は、英語のアブストラクト(abstract)の翻訳語で、適用・抜粋などとあるが、これだけでは、分かりづらい。

そこで、「具体的」を見てみる。

①形をそなえ、存在が感知できるさま。一般的という意味での抽象的に対し、実態的・個別的なさま。具象的。

②事物を、あらゆる面から、他物との関連を含めて十分にとらえることについていう語』。

これによると、具体的は、その物の形が目に見えることで、抽象的は目に見えない観念上のことであるらしい。漢字はもともと物の形を簡略化した象形文字という。しかしながら、往復・移動などの動作や、愛憎’思考などの精神的事象は、形にすることはできない。

そこで古代の中国人は、既存の象形文字を組み合わせて、新しい字を作り、対応することとした。

意味を表わす漢字を二つ以上組み合わせた会意文字と、そのものが属する世界を示す意符と、その言葉の発音を表わす音符とを組み合わせた形声文字である。

前者は、筋(竹+肋=あばら骨)・脛(月=肉+莖=まっすぐ立つ)の類。後者は沖(水+中)・拇(才=手+母)などである。

これを見ると、中国人はものを理解するのに、抽象的なものでも、形にして理解しようとする傾向があるように見受けられる。

また、漢字文化は、周辺の文盲な国々に広がり、一大漢字文化圏を形成して今日に至っている。

もっぱら中国文化を取り入れて発達して来た日本文化も、その影響を受けているから、同様の傾向があると思われる。

これに対して、欧米の言葉は、もともとは漢字と同じように、物の形を簡略化した象形文字であったと思われるが、十世紀後半の民族大移動で、さまざまな民族が入り混じり、生活、習慣などお互いに影響を受けたに違いない。

それは、異質の文化を取り入れるにとによって自分の文化を豊かにすると同時に、従来の固有の文化の良さを失う危機感を抱かせたに違いない。

それが、欧州各国の言葉の小さなスペルの違いにも拘(こだわ)って居るように思われるが、どうだろう。

次のページ⇒十一月七日「アメリカ人と銃」

2018年3月31日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【愛知県豊田市】
トリガーポイント治療講座
 「アドバンス」
日時:2019年1月20日(日)~
   10時~16時
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

【東京都八王子市】
現代医学の誤りと栄養セミナー
日時:2019年1月20日(日)
 13時15分~16時45分
会場:北野市民センター
住所:八王子市北野町545-3 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
内臓反射テクニック講座
日時:2019年3月10日~
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
原因を突き止めるTRA講座(全3回)
日時:
1)4月07日(日)10時~17時
2)5月26日(日)10時~17時
3)6月16日(日)10時~17時
会場:Ramtha福岡
住所:福岡市東区千早4-1-6 稲光Ⅱビル2階 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
頭蓋オステオパシー講座
日時:2019年4月13日~
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ