トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

十月二十九日「最高権力者の孤独」

今日の毎日新聞のシリーズものの記事には、「関係安定化を模索」と言う見出しをつけて、次のように記している。

「習近平氏の権力集中は、日本にとって悪いことではない」 (北京の外交筋)。中国では指導者の立場が不安定であるほど、日中関係において歴史問題が影を落とした。
二期目に入った習近平絎書記が権力を固めれば、国民の反日感情に押される形で、政府が強硬姿勢を取る必要はより薄れる、との期待が日本側には根強い。(中略)

昨年は南シナ海問題を巡る対立が表面化したが、今年六月には習氏の提唱する経済圏構想「一帯一路」に、安倍首相が協力姿勢を示して、「習氏のメンツを立てた」(外交筋)ことで、今年の国交正常化四五周年を互いに祝う環境が整った。(中略)

米中関係に詳しい中国人民大の殷弘(いんこう)教授は、九月に北京で開かれた対日政策討論会で、古代アテネが、覇権都市スパルタの同盟都市と対立を激化させたために、両勢力の全面戦争に至ったと分析。「中国はアテネが、はまった『わな』を忘れてはならない」と訴えた。米国との衝突を避けて、中国が大国になるためには、米国の同盟国・日本との関係安定が重要との趣旨だ。

この記事に関しての感想などを書きとめておく。 ‘

①最高権力者の基盤が強固であるほど、力を誇示する必要は無いということ。
安倍首相が殊更力を誇示し、ヨーロッパ各国で吹き荒れているナショナリズムも、自らに対する自信の無さの、裏返しに過ぎないのでは・・・。

②しかし、最高権力者と言うものは、常に他人が自分に取って変わり、自分は奈落の底に落とされるのでは、と不安を抱いて居るのではないか。だから、習氏が何時対外的攻勢に出るか分からない。やはり安心しては居られないかとも思う。

③欧州のナショナリズムは、戦後しばらくは、第二次大戦の悲惨さに懲(こ)りて、鳴りをひそめていたが、近年耳にするようになった。

戦後七十年余、時間の経過とともに、戦争の悲惨さを知らない世代が多くなったためだろうか。

しかし、平和惚(ぼ)けしたのは日本人だけて、外国では、紛争や内乱に、しばしば苦しんできている。どうしてだろう。

次のページ⇒十月三十日「多民族国家と単一民族国家」

2018年3月31日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【東京都八王子市】
現代医学の誤りと栄養セミナー
日時:2018年12月15日(土)
 11時~13時
会場:ほぐしや本舗別館
住所:八王子市東町6-8 石橋ビル201 ⇒詳細

【愛知県豊田市】
トリガーポイント治療講座
 「アドバンス」
日時:2019年1月20日(日)~
   10時~16時
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
頭蓋オステオパシー講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ