トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

三、会釈(エシャク)

日常しばしば顔を会わせても、会釈は交わすのだが、話をしたことはないという人も少なくない。会釈の原義はなんだろう。

漢字源の「会釈」では、
①仏の教法を理解し解釈する。
②挨拶としてお辞儀をすること。
③相手となってもてなすこと。
なお、②③は日本語での用法と説明している。

次に広辞苑をみると、
①和会通釈の意。前後相違して見える内容を、互いに照合し、意義の通じるようにすること。
②前後の事情をのみこんで理会すること。
③相手の心をおしはかって応対すること。
④おもいやり。おもいやりのある顔。愛嬌。
⑤にこやかにうなずくこと。軽く首を垂れて一礼すること。挨拶。お辞儀。と述べている。

どうも会釈の原義は仏教用語にあるらしく、いままで私が思い込んでいたものは、日本での用法であったようである。

そこで字統を覗いてみる。

会(カイ・エ=あう・あつまる)の正字は會。會は蓋のある食器の形の象形文字。下部は甑(こしき)の形で、その上に蓋のある器をおき、下から蒸すもので、蒸しものを料理することをいう。會は甑の初文である。器と蓋を合わせることから会合・会集の意となる。

釈(シャク・ゼキ=とく・すてる・おく・ゆるす)の正字は釋。釋は獣の爪をもって獣の屍を裂くことを意味している。獣の屍を分解する意より解釈の意となり、すべて紛乱(混乱)や欝結(ウッケツ=気が晴れないでふさぎこむこと)を釈(と)く意となると説明している。

これを見ると会釈とは、混乱しているものを解きほぐし、難解なものを解説することにあるようで、今日われわれがする会釈も、未知の人とのわだかまりを解きほぐし、知己(チキ=自分の心を良く知っている人(知人)となる手段であると、考えられるのではないか。

次のページへ「四、相槌」

2017年7月16日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【埼玉県吉川市】
メディカル・ヨガ講師養成講座
日時:2018年1月~4回
会場:平沼地区公民館(平沼小学校)
住所:吉川市大字平沼73番地 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
トリガーポイント塾
日時:2018年3月~6ヶ月間
会場:スガ歯科医院
住所:熊本市水道町1-23 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ