トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

「二十六、帰 宅」

前述したように臼杵駅に到着したのは、もう太陽も高く上がった正午近くである。田舎街の人通りは少なく、大きな毛布包みを背負う敗残兵の姿は目立つこと甚だしい。気のせいか、行き違う人々はみんな私の異様な姿をじろじろ見て行くようだ。気恥ずかしくてたまらない。そこで本通りを避け、多少回り道とはなるが、脇の裏通りを辿ってわが家に帰り着いた。

突然の帰宅で、両親や姉が驚き、母など抱きつかんばかりの勢いで飛び出して来る。

私の後から歯科軍医として応召したと聞いていた兄が、私より前に帰宅していたのには、こちらが驚いた。
聞けば、兄は長崎に駐在する部隊に勤務していたが、八月九日、たまたま島原へ出張診療していたので、原爆の被害を免れたという。しかし戻るべき部隊は全滅したので、島原の部隊に寄留していたところ終戦となり、即日帰還したという。だから着の身着の儘、無一物で帰宅したらしい。

そんなことで私が持ち帰った食料品は、配給物資もままならぬ家族にとっては時ならぬご馳走となった。殊に甘い物には長らく遠ざかっていた家族は、私の持ち帰った乾パンの袋に入っている僅かな金平糖(コンペイトウ)に大喜びしていた。

その夜は、あの鬱陶(うっとう)しかった灯火管制も無くなり、明るい電灯の下で、尽きぬ話に深夜まで家族団欒が続いた。
これから先のことなど何も考えず、その夜は、久しぶりのわが家の蒲団にもぐり、ぐすり寝ることができた。

顧みると、軍隊生活では殴られたり、恐い目に会うこともあったが、同時に多くの人々に助けられ、終始内地勤務であった私は、最も恵まれた兵卒であった。

また家族も戦時下のよろず乏しい生活を強いられたことだろうが、それは世間並みのことで、一人の犠牲者も無く終戦を迎えることが出来たのは、この上ない幸せであった。

何人もの兄弟が戦死した家族も、空襲で一切を失った人も数限りなく居て、今なおその悲しみの中に居ることを、忘れては申し訳ない。そんな思いのなかで、今年は戦後七十年の八月十五日を迎えることになる。

⇒次ページ「あとがき」

2015年6月3日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【埼玉県吉川市】
メディカル・ヨガ講師養成講座
日時:2018年1月~4回
会場:平沼地区公民館(平沼小学校)
住所:吉川市大字平沼73番地 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
トリガーポイント塾
日時:2018年3月~6ヶ月間
会場:スガ歯科医院
住所:熊本市水道町1-23 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ