トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

二、名門斎藤道鳩に入門、塾頭となる

天保六年(一八三五年)十一歳で、江戸の剣客斎藤弥九郎の道場練兵館に入門している。師匠の斎藤弥九郎は越中氷見の農家の出身だが、志を立て、江戸に出て岡田十松の撃剣館に入門。たちまち偉才を発し、同門の江川太郎左衛門.藤田東餬らと交わり、のちに江川の援助で、飯田町に神道無念流道場練兵館を開いている。その道場は.北辰一刀流の千葉道場・鏡心明智流の桃井道場と並んで、当時江戸の三大道場の一つに数えられ、全国から英才が蝟集したと言われている。

雄三は、その斎藤道場に入門したのだから、内藤新宿から飯田町まで、雨の目も風の日も、十一歳の足で通い詰めたに違いない。
もともと天賦の剣才に恵まれてもいたのだろうが.ずいぷん激しい稽古を積んだことだろう、天保十三年(一八四二年)、十八歳で目録を受け、弘化二年(一八四五年)には、二十一歳の若さで塾頭に選ばれている。
なお、この頃剣術修業の傍ら、江川太郎左衛門について、高島流砲術を学んでいる。

歴史年表をひもといてみると、

▼安永七年(一七七八年)ロシア人、根室に来て交易を求めるが。翌年松前藩はこれを拒絶する。
▼寛政四年(一七九二年)ロシア使節ラクスマン、伊勢の漂流民大黒屋幸太夫を護送して根室に来航。通商を要求する。
▼寛政八年(一七九六年)英国船プロビデンス号、蝦夷地アフタに停泊、樺太西岸、日本沿岸を測量。

などの記事があり、雄三の生まれる半世紀も前から、我国の周辺では外国船が出没し、鎖国の夢が揺すぶられ始めていることが窺われる。

さらに、雄三が斎藤道場で修業していた頃の記事を拾うと、

▼天保八年(一八三七年)アメリカ船、浦賀に入港するも、浦賀奉行これを砲撃する。
▼天保十三年(一八四二年)幕府、高島秋帆に砲術教授を許可する。

などの記事が見られる。

この頃、まだ庶民は泰平の夢の中にあったことだろうが、心ある武士は、この国の安全保障について、憂慮していたに違いない。
雄三と同じ世代の先覚者には、佐久間象山(一八一一年生まれ)・勝海舟(一八二三年生まれ)などが居るが、師匠の斎藤弥九郎や江川太郎左衛門などを通じて、こうした人達から刺激を受けることもあったのではなかろうか。後年の彼の行動から推測すると、この頃すでに雄三は、すすんで砲術を身に付け、国防の第一線に立つことを、心に秘めていたものと思われる。

次のページへ「三、松前藩士尾見家に婿入りする」

2016年10月13日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【東京都八王子市】
のどを元気にする講座
日時:
10月24日(火)13:30~14:30  
10月26日(木)10~11      
10月30日(月)10~11      
10月31日(火)10~11   ⇒詳細

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年10月スタート
 第3・第4火曜日
10時30分~11時30分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ