トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

九月二十二日 「彼岸は?」

今日は秋分の日である。俗に「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるお彼岸の中日で、日の出から日没までの時間が十二時間となることと、「彼岸」は仏教用語で、祖先の墓参りをすることは知っていたが、さて、「彼岸」とは何かと孫から聞かれても、無宗教の私には説明できない。

そこで取り敢えず机上の広辞苑を開いてみる。そこには次のように説明されていた。

【彼岸】
①河の向こう岸。生死の海を渡って到達する終局・理想・悟りの世界。涅槃(ネハン)。
②彼岸会(ヒガンエ)の略。
③春分・秋分の日を中日として、その前後七日間。俳諧では特に春の彼岸をいう。

【彼岸会】
彼岸の七日間に行なう仏事。平安初期から朝廷で行なわれ、江戸時代には庶民の間に年中行事化した。

【此岸(シガン)】
涅槃の世界を彼岸というのに対して、こちらの岸。生死を繰り返す迷いのこの世界。

ところで「彼岸」の彼(かれ)は、日常、第三者を意味する指示代名詞として頻繁に使われているが、原義は何だろう。

白河先生の「字統」によれば、代名詞はもとその字はなく、他の字を仮借して用いる。「彼」も「此」に対する遠称に用いられる仮借という。しかし、何故「彼」が遠称に用いられたのか分からない。そこで「彼」を解字してみる。

彼は、彳と皮の組み合わせで出来ている。藤堂先生の「漢字源」によれば、彳(テキ)は、十字路の姿を描いた「行」の左半分で、行進や道路を表わす記号として、・往・従・径(近道)などの字に用いられるという。

(注)「行」の甲骨文字は次のように書かれている。

%e8%a1%8c%e3%81%ae%e7%94%b2%e9%aa%a8%e6%96%87%e5%ad%97

ところで、獣の手や足はその形を描くことが出来るが、皮は形として描くことができない。漢字を作った古代の人々も、これには苦心したに違いない。試行錯誤の挙げ
句、辿り着いたのが、獣の皮を手で剥ぎ取る動作を描くことで、皮そのものを表わす会意文字だったと言うことだろう。その金文文字は(%e7%9a%ae%e3%80%80%e9%87%91%e6%96%87%e6%96%87%e5%ad%97)のように書かれている。
従って、彳も皮も、離れる・離れた意味を含んでいることから「彼」は、「此」が近称に使われるのに対して、遠称の代名詞に用いられたのだろう。

2016年10月5日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【熊本県熊本市】
トリガーポイント塾
日時:2018年3月~6ヶ月間
会場:スガ歯科医院
住所:熊本市水道町1-23 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時B-1 2018年3月17日~6回
日時B-2 2018年6月16日~6回
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
TrP治療・内臓反射テクニック講座
日時:2018年3月18日~
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
ぎっくり腰ワンデイ講座
日時:2018年3月25日
A:10時~12時
B:16時~18時
会場:Ramtha福岡
住所:福岡市東区千早4-1-6 稲光Ⅱビル2階 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
トリガーポイント塾(基礎コース)
日時:2018年4月15日~4回
会場:兵庫勤労市民センター
住所:神戸市兵庫区羽坂通4丁目1−1 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ