トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

九月四日 「東北に初めての台風」

今年は異常気象で、当地は連日猛暑が続き、九月になったと言うのに、わが家では未だ三五℃を記録している。

マスコミによれば、他の各地では例年にない豪雨に襲われ、濁流の被害で死者、行方不明者の捜索が行なわれているとか。

そんな所にも、私のような五体不自由な老人も居ることだろうが、さぞかし難儀しているのかと思うと、胸が痛む。

殊に関東以北では、ゲリラ豪雨のニュースが毎日のように伝えられている。昨日は岩手県など、震災被害の復興も未だ終わらないと言うのに、かつて経験したことのない台風に襲われ、甚大な被害に見舞われたと言う。

九州ではかねて「台風銀座」と言われ、河川の備えなども、それなりにされているが、東北では初めてのことで、備えも不十分なため、被害も拡大したらしい。

北九州育ちの私は、子どもの頃からたびたび経験しているが、中でも終戦直後の「枕崎台風」は、都城でその直撃を受けたが、二日二晩荒れ狂ったその恐ろしさは、今も鮮明に記憶している。だから初めて体験した東北の人々の恐怖は、さぞかしと同情にたえない。

ところで「台風」という言葉は、何時から使われるようになったのだろう。私の子供の頃は「暴風」と呼んでいたような気がするが、確かなことは分からない。そこで手元の広辞苑に尋ねると、次のように説明している。

台風・颱風【タイフウ】(古くは暴風の意。中国語起源説・アラビア語起源説・ギリシャ語起源説があるが未詳)北太平洋西部および南シナ海に発生してアジア大陸・フィリピン・日本列島などに襲来する。中心付近の最大風速が毎秒一七・二m以上の熱帯性低気圧。一七・二m未満のものは、弱い熱帯性低気圧と呼ぶ。日本には年平均十一個接近し、海難や風水害を起こす。

家内に言わせると、戦後の言葉で英語の「typhoon」の訳語ではと言い、私もそんな記憶がある気がするが、広辞苑の説明を見ると、間違いのようだ。

なおインド洋で発生するものはサイクロン、カリブ海で発生するものはハリケーンと呼ぶ。厳密にはハリケーンは最大風速毎秒三二・七m以上のものと言うから、ものすごい台風ということになる。

いずれにしても当地はここ数年、台風のお出ましは無く、平穏に過ごせているのはありがたいことである。
「颶風(グフウ)という言葉もあったが、広辞苑では「強烈な風。熱帯低気圧の旧称」と説明されている。
なお、風には悪風・旋風・回風(つむじかぜ)寒風・逆風・強風・狂風・疾風・風花(かざはな)などさまざまな言葉があるが、海に囲まれた島国日本ならではのことだろう。

2016年10月3日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年6月11日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【東京都八王子市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年6月14日(水)
 10時30分~12時
会場:ほぐしや本舗別館
住所:八王子市東町6-8 石橋ビル201 ⇒詳細

【京都府京丹波町】
メディカル・ヨガ体験教室
①7月8日(土)15時~18時
②7月9日(日)10時~13時
会場:スポーツセンター(たにやま鍼灸整骨院前)
住所:京丹波町船井郡京丹波町安井西40-2 ⇒詳細

【福岡県嘉麻市】
「腰痛・肩こり教室」
日時:2017年7月15日(土)
   15:00~18:00
会場:なつきの湯 研修室
住所:嘉麻市鴨生24-10 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
トリガーポイントBasic講座
日時:2017年9月9日(土)~
会場:あすてっぷ神戸
住所:神戸市中央区橘通3丁目4番3号 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ