トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

九月一日 「”旅”の語源?」

家内の見ているテレビは何だろうと覗いたら、火野正平の「こころ旅」があっていた。ふと「旅」という字の語源は何だろうと気になった。

「旅」は漢和辞典では「方」の部にあるから、てっきり、方十衣の会意文宇であろうと考えた。そこでまず、「方」の解字を調べてみた。すると白河先生の「字統」には次のように説明されている。

方{ホウ=かた・さらしもの・とっくに}は、横にわたした木に、人の屍を架けている形の象形文字である。これを境界の呪禁(まじない)とする。方は方外の国や遠方・方位の意に用いられるのは、方が架屍祭梟(さらし首)の風習を示し、これをその境界の呪禁としたからである。

これを見ると大昔は、集落外の人は、何をするか分からない危険人物で、村の中に入ってて来ないように、外に通じる道の出入り口に、「入って来たらこんな目に遭うぞ」と脅(おど)すために、晒し首を下げていたことだろう。

ここから方位、方角、遠方、方面、方言などの熟語が出来たことだろう。

今度は「旅」そのものを「字統」に尋ねることにした。すると「旅」の左側と右上部は、ふきながし・旗(はた)の象形文字で、村境に架ける晒し首の「方」とは、全くの別ものである。

右側下部の「衣」に似た形は、もと「从」で複数の人を表わしている。だから「旅」は旗を掲げた人の集団がどこかに出かけているさまを示した会意文字ということである。

大昔は人々が集団で移動すると言えば、軍事行動であり、先頭に味方の目印となる旗を掲げていたに違いない。それが「旗」の原義であり、のちに行楽的旅行へ広がったものと思われる。そういえば今日でも、旅行会社が企画する団体旅行も、女性ガイドが持つ旗を目印に人々かぞろぞろついて行く光景が見られるが、あれが「旅」を端的に表わしていると言えよう。

%e6%97%85

(漢字事典-OK辞典より転載)

2016年9月14日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【岩手県盛岡市】
トリガーポイント治療ワンデイ講座Ⅱ
日時:2018年9月16日(日)
   9時30分~12時30分
会場:いわて県民情報交流センター「アイーナ」
   6階「世帯間交流室」
住所:盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号 ⇒詳細

TP治療フォローアップ講座
日時:2018年9月16日(日)
   13時30分~16時30分
会場:いわて県民情報交流センター「アイーナ」
   6階「世帯間交流室」
住所:盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ講座(全3回)
日時:2018年
・09月08日(土)15時~19時
・10月20日(土)15時~19時
・11月24日(土)15時~19時
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時:2018年10月13日~6回
会場:トリガーポイント研究所
住所:福岡市東区西戸崎2-1-30 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
「痛みを緩和するケア講座」
日時:2018年11月1日(木)13時15分~
会場:くまもと森都心プラザ
熊本市西区春日1丁目14番1号 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ