トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

六、衣類・履物・雨具など(③ 日曜学校の写真に見る)

③ 日曜学校の写真に見る

わが家では両親がクリスチャンであったので、荒生田に住んで居た頃は、私たち子供も毎週日曜日は八幡のバプテスト教会の日曜学校に行っていた。また小倉の西南女学院の教員住宅に住むようになってからは、学院の日曜学校に出席していた。

私のアルバムの中には、昭和三年に撮影された日曜学校の出席者の集合写真が、八十年の歳月を経てすっかり変色した姿で残っている。それを見ると、学院の校庭に茣蓙(ゴザ)を敷いて、最前列の子供は座り、二列目は長椅子に腰掛け、三列目からは立っている。最後列には学院のロウ院長夫人を中心に先生達の姿が見える。

昭和の風景 バプテスト教会

総員八十七名が一枚の写真に納まっているので、一人一人の姿は小さく、人数を数えるのも難儀なことであったが、ここに写っているみんなの服装について和洋別の人数を調べてみた。

男の子は二十名で、そのうち学童服など洋服を着ている者が十一名、着物姿が九名。女の子は総数五十九名中、4洋服を着用しているのは十七名、その他四十二名は着物となっている。

日曜学校の先生役は、ロウ院長夫人の他は、学院の上級生のようで、彼女らは全員学院の制服を着ている。

その当時、キリスト教会の日曜学校に子供を通わせる家庭は、格別裕福なと言うことではないにしても、まずまずの暮らし向きの家庭であったと思われるから、右の数字が、東京などの大都市は別として、地方都市における、当時の服装の一般的水準を示していると見て良いのではないかと思う。大雑把(おおざっぱ)に言えば、男の子は和洋半々、女の子は四人のうち三人近くがまだ着物で暮らしていたと言うことになる。なお、これは外出時の服装であることを考慮すれば、日常はいま少し着物の割合が多かったということかも知れない。

2016年5月27日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【東京都八王子市】
のどを元気にする講座
日時:
10月24日(火)13:30~14:30  
10月26日(木)10~11      
10月30日(月)10~11      
10月31日(火)10~11   ⇒詳細

【北海道札幌市】
メディカル・ヨガ教室
日時:2017年10月スタート
 第3・第4火曜日
10時30分~11時30分
会場:パン屋喫茶大和
住所:札幌市手稲区手稲本町2条4丁目8−20 キテネビル 1F ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
トリガーポイント研究所 学術集会
日時:2017年11月18日・19日
会場:サンピアン川崎
住所:川崎市川崎区富士見2-5-2 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
トリガーポイント&オステオパシー総合講座
日時:2017年12月10日(日)
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ