トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

三月十三日 「ゆたかで便利な日本」

昨日の毎日新聞のコラム「経済観測」には、大武健一郎氏(ベトナム簿記普及推進協議会理事長)が「アジアの不便をチャンスに」と題して、次のような提言をしている。

鳥取県にある六角レンチの専業メーカーを見学した。六角レンチは大型の製造機械からスマートフォンのような小型機器の生産まで広く使われるL字形の工具だ。この会社の製品は日本だけでなく、広く世界に売られている。価格が台湾や中国の製品に比べてかなり高いにもかかわらず売れているのは、見た目にはわからない品質に支えられているようだ。大半が輸出用であるにもかかわらず、1ドルが80円台のような円高の時期でさえ黒字を維持したという。

日本にはこのメーカーのように目立たないが優れたメーカーがたくさんある。そして、それらの製品はホームセンターでも売られている。

ベトナムをはじめ東南アジアでは、工具、ネジ類、作業服など、日本ではすぐ手に入るものが簡単には手に入らない。鳥取の六角レンチ専業メーカーのようなメーカーもない。

最近は大型スーパーなどの進出で、食品や衣類などは簡単に手に入るようになった。近々、ホーチミン市の大型スーパーに大阪のホームセンターが進出するようであるが、まだ珍しい存在だ。

例えば、ベトナム南部で東急グループが開発している新都心の工業団地などその周辺には、約2000社の工場が林立しているが、いまだに品質のよい工具を購入できるホームセンターのような店がないため、メーカーの経営者や技術者たちは不便な思いをしているようだ。

東南アジアを回っていると、日本では当たり前と思っていることが、決して当たり前ではないことに気づく。そこにビジネスチャンスがある。東南アジアの人口は増加し、しかも中所得者が増えている。そこに必要とされる製品を生産販売したり、サービスを提供したりする道はまだあるように思う。

われわれ日本人は、常日頃なにも考えず生活しているが、これを見ると、ずいぶん豊かで便利な環境の中で暮らしていることを改めて思い知らされる。私の住んでいる片田舎でも、ジュースやコカコーラのような清涼飲料水の自動販売機がすぐ側(そば)の道端にあり、徒歩で十分もかからない所にスーパーもコンビニもある。八九歳にもなる老妻でも、人手を借りずに毎日の買い物をしてなんとか暮らしている。

不況だ不景気だと言われながらも、こんな暮らしが出来る国は、世界中でも滅多に無いのではないか。改めて平和で豊かな祖国に感謝せずばなるまい。

2016年5月22日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【埼玉県吉川市】
メディカル・ヨガ講師養成講座
日時:2018年1月~4回
会場:平沼地区公民館(平沼小学校)
住所:吉川市大字平沼73番地 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
トリガーポイント塾
日時:2018年1月~6ヶ月間
場所:西戸崎教室・柚須教室
住所:福岡市東区西戸崎
   糟屋郡粕屋町柚須 ⇒詳細

【愛知県豊田市】
トリガーポイント治療講座
 「アドバンス」
日時:2018年2月18日(日)~
   10時~16時
場所:もみの木接骨院
住所:豊田市丸山町7丁目49−6 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
トリガーポイント塾
日時:2018年3月~6ヶ月間
会場:スガ歯科医院
住所:熊本市水道町1-23 ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時B-1 2018年3月17日~6回
日時B-2 2018年6月16日~6回
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ