トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

「中国留守児童」の悲劇

出稼ぎといえば、東北の農家から、農閑期に現金収入を求めて都会に出てくる人々が、私のイメージにあるが、消費者の米離れと農家の高齢化で、最近はあまり耳にしなくなった。

ところが経済格差の著しい中国では、貧しい農村から夥しい人々が都会へ出稼ぎに行き両親不在の「留守児童」が全国で6,100万人もいるという。
今朝の毎日新聞では

中国南部貴州省の農村では今月九日、出稼ぎなどで両親が不在だった家庭で、子供四人が農薬を飲んで自殺する事件があり、社会に衝撃を与えている。

親が出稼ぎなどで不在の「留守児童」は、全国で6,100万人にのぼるとされ、事故や事件に巻き込まれる子供も多い。(中略)

中国メディアによると、貴州省の北西部畢節市で、五~十三歳の兄妹が、家で農薬を飲んで死んでいるのを近くの住民が見つけた。
両親は約九百キロ離れた広東省などに行っており、長男は妹三人の面倒を見ていた。
長男は「ありがとう。死ぬ事は長い間の夢でした。」との遺書を残したという。

母親は中国メディアの取材に「自分の生活費を稼ぐのが精一杯で、どうしようもなかった」と話した。(中略)

貴州省は一人当たりの域内総生産が約二万三千元(約四六万円)と上海の約三割で全国最低。また農村戸籍の子供は都市で教育が受けづらく、子供を置いて行かざるを得ない事情もある。(後略)

という記事を載せている。

これを見て初めて知ったこと、感じたことなどを書き留めておく。

① 両親から離れて暮らす「留守児童」が6,100万人というのには驚いた。全人口が日本の約十倍とすると同じ人口比に当てはめると、日本では610万人の「留守児童」がいることとなる。とても考えられない数字で、その対策もどうすべきか、戸惑うばかりである。

② 中国の沿海部と内陸部で経済格差があるとは、かねて聞き及んではいたが、これほどとは思わなかった。

③ 都市戸籍と農村戸籍の問題は、中国政府でも以前から、いずれは解消しなければならない問題とされてはいたようだが、いまだに解決されていないものと思われる。しかし、都市戸籍と農村戸籍の区分を、撤廃したら、多くの農村人口が一挙に沿岸部都市に雪崩(なだれ)込み、収拾がつかなくなるに違いない。

④ 長男の遺書を見ると、両親を恨むこともなく、周囲の人々への不満を訴えることもなく、ただ「ありがとう」と書かれていたとは、見たこともない中国農村の子供のことながら、あまりにも哀れで、胸を締め付けられる思いがする。

⑤ それにしても世界各国の非難を浴びながら、中国がフィリピン沖に建設している人工島工事は、6,100万人の「留守児童」を放置しても、強行しなければならないものだろうか。私には、中国政府の判断は常軌を逸しているとしか思えない。習近平首席よ、この長男の遺書に、一度は目を通してもらいたいものである。

(平成二十七年六月二十一日)

2015年12月3日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【岡山県岡山市】
トリガーポイント講座
日時:2018年
①10月21日(日)10時~17時
②11月18日(日)10時~17時
③12月16日(日)10時~17時
会場:やさしい木
住所:岡山市北区奥田西町12−6 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
「痛みを緩和するケア講座」
日時:2018年11月1日(木)
13時15分~16時45分
会場:くまもと森都心プラザ
熊本市西区春日1丁目14番1号 ⇒詳細

【愛知県名古屋市】
疼痛ゼロの日シンポジウム2018in名古屋
日時:2018年11月10日(土)
13時30分~17時
会場:TKPガーデンシティーPREMIUM
名古屋ルーセントタワー 16階A
住所:名古屋市西区牛島町6番1号 ⇒詳細

【東京都八王子市】
誰でもできる肩こり講座(体験・入門)
<体験講座>
日時:2018年11月15日(木)
13時15分~16時15分
<入門講座>
2018年11月29日(木)
13時15分~16時15分
会場:八王子学園都市センター
住所:八王子市 旭町9−1 八王子東急スクエア ⇒詳細

【神奈川県川崎市】
原因を突き止めるTRA講座(全3回)
日時:2018年~19年
1)11月18日(日)10時~17時
2)12月09日(日)10時~17時
3)02月17日(日)10時~17時
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ