トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

「入社式」

今朝の毎日新聞の筑豊版に(株)麻生の入社式の記事が写真入りで記載されていた。

そうだ、昨日は四月一日、新年度開始の日で全国各地で入社式が行われ、多くの新しい人生がスタートした日だったのだ。

記事によると(株)麻生の入社式は、飯塚市新立岩のプレジデントホテルで行われ一四五人の新入社員が参列。麻生巌社長の訓示や、新入社員代表の宣誓などが行われたとある。
昭和三十三年四月、最初の入社式を立案企画した身としては、格別感慨深いものがある

私自身は、麻生の給費生として大学在学中、学徒出陣で軍務に服務、昭和十九年九月、大学は繰り上げ卒業となり、昭和二十年一月一日付で会社の採用辞令が、留守宅に送られて来ていた。

実際に入社したのは終戦後の昭和二十年十月半ばであったが、麻生本社に出頭して吉鹿文書課長に復員の報告をし、重役室で辞令を拝受しただけで、入社式のようなセレモニーはなかった。しかし初めて社会人となった若造の私は、別段奇異に感じることもなく、その日のうちに配置先の上三緒炭鉱へ赴任した。

昭和三十二年十一月、本社労務課から文書課に転勤したときは、翌年春に採用する学卒社員の銓衡内定は終わっていた。そこで翌年四月一日の入社式はどうするのだろうと古参課員の広津女史に尋ねたら、新入社員は重役室で辞令を交付するだけで、別に儀式めいた事はしないという。

当時日本経済は高度成長期に差しかかろうという時代で、一流各社では、技術系へ大卒者には支度金を支給するなどして、人材確保に鎬(しのぎ)を削っているというのに、入社式もしないとは、あまりにも無策ではないかと思い、入社式をすることを提案した。

しかし原田課長の反応は無く、しつこく提案すると、重役方の意向を伺ってはと言われるだけであった。翌日重役会議の席で提案説明したが、皆さん社長の意向を図りかねてのことか、どなたも賛成されない。結局吉鹿常務の「明日社長にお伺いしては」という一言でその日は片付けられた。

一介の文書課長代理が直接社長に決済を仰ぐというのは前例のないことで、痛く緊張したことであったが結果は社長の快諾を得て一件落着した。

そんな経緯(いきさつ)があっての入社式は私にとっては六十年近く経った今もなお忘れ難い思い出である。

(平成二十七年四月二日)

2015年7月9日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ講座(全3回)
日時:2018年
・09月08日(土)15時~19時
・10月20日(土)15時~19時
・11月24日(土)15時~19時
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時:2018年10月13日~6回
会場:トリガーポイント研究所
住所:福岡市東区西戸崎2-1-30 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
「痛みを緩和するケア講座」
日時:2018年11月1日(木)13時15分~
会場:くまもと森都心プラザ
熊本市西区春日1丁目14番1号 ⇒詳細

【愛知県名古屋市】
疼痛ゼロの日シンポジウム2018in名古屋
日時:2018年11月10日(土)
13時30分~17時
会場:TKPガーデンシティーPREMIUM
名古屋ルーセントタワー 16階A
住所:名古屋市西区牛島町6番1号 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ