トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

「今年の漢字」

海外旅行もせず不勉強な私は、今まで漢字を使用するのは、中国、朝鮮、台湾と日本だけだと思い込んでいたが、今朝の新聞でそうでは無い事を思い知らされた。

毎年暮れの行事となっている「今年の漢字」は、 1995年に始まり今年は二十回目で、 「税」が選ばれた事は先日のテレビで承知していたが、今朝の毎日新聞の「余録」によると、この一字で世相を表すイベントは、中国では2006年から始まり、今年は「法」。台湾は2008年から始まり、今年は「黒」が選ばれたということである。

中国の「法」は共産党中央委員会で法治国家建設が、最重要課題となったことを反映しているが、いかにも官製的でネット上では腐敗官僚の横行に「腐」「妖」を推す声もあったと解説している。

台湾の「黒」は三月、立法院を占拠した学生らは中台のサービス貿易協定が「黒箱」(密室)で作られたと批判。違法な原料で作られた食用油「黒心油」も社会問題となったことを記している。

なお漢字を使う中国系人口の割合が多いシンガポールとマレーシアでも2011年から行われていて、シンガポールは「乱」。タイのクーデター、台湾や香港の学生運動、ウクライナ紛争など国際的な混乱を反映したもの。

マレーシアは「航」。三月にクアラルンプールから離陸後間もなく失踪、 七月にはウクライナで墜落と、相次いで悲劇に見舞われたマレーシア航空機事故を取り上げているもののようである。

漢字の本家の中国に最も近い韓国では、日本の真似などしたくないという反日感情からか、行われていないようである。

韓国の今年の漢字を私が代わって選ぶとすれば、先ごろ問題となった大韓航空機社長令嬢(同社副社長ということだそうであるが)のピーナッツ・リターン事件を取り上げ「返」としたらいかがなものかと考える。

日中、日韓共にギクシャクした国交関係が続く中、中国と韓国の対応の違いは何を意味しているのだろうか。私には明快な回答は持ち合わせていないが、興味深い問題ではある。

(平成二十六年十二月二十七日)

2015年6月12日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【神奈川県川崎市】
メディカルヨガ講座(全3回)
日時:2018年
・09月08日(土)15時~19時
・10月20日(土)15時~19時
・11月24日(土)15時~19時
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
少人数制:トリガーポイント塾
日時:2018年10月13日~6回
会場:トリガーポイント研究所
住所:福岡市東区西戸崎2-1-30 ⇒詳細

【熊本県熊本市】
「痛みを緩和するケア講座」
日時:2018年11月1日(木)13時15分~
会場:くまもと森都心プラザ
熊本市西区春日1丁目14番1号 ⇒詳細

【愛知県名古屋市】
疼痛ゼロの日シンポジウム2018in名古屋
日時:2018年11月10日(土)
13時30分~17時
会場:TKPガーデンシティーPREMIUM
名古屋ルーセントタワー 16階A
住所:名古屋市西区牛島町6番1号 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ