トリガーポイント研究所
HOME 研究所の目的 日本の痛み医療 痛みを起こすのは? トリガーポイントとは? トリガーポイント治療 運営者情報

「人智の行き着く先」

無人飛行機によるピンポイント攻撃に違和感を感じていたが、今朝の毎日新聞の記事には驚くと共に、自分の時代遅れを改めて思い知らされた。
なんと、米国などでは殺人ロボット兵器の研究開発がされているというのである。その記事を抜き書きしてみる。
 
・米国などが研究開発する「殺人ロボット兵器」について、国連人権理事のクリストフ・ヘインズ氏は三十日「ロボットに生死決定の権限を持たせるべきでない」として研究開発の一時停止を求める報告書を初めて提出した。
 
・殺人ロボット兵器は、頭脳にあたる組み込みコンピューターや、感覚器にあたる各種センサー装置を装備。人間などの標的を自動的に攻撃・殺傷する「自己完結型」への進化が懸念される。
 
・米国がアフガニスタンなどで使用する無人機は人が遠隔操作しているが、「殺人ロボット兵器」は人の関わる度合いが無人機に比べ圧倒的に低くなる。
 
・報告は「ロボットに生死決定の権限を与えるべきでない・・・」とし、各国に研究開発の一時停止を求め、国際社会が明確な政策を作るためにハイレベル委員会を設置することを推奨した。
 
無人機の遠隔操作による攻撃もさることながら、殺人ロボットまで考えるとは、改めて人智の行き着く先が思いやられる。
 
私のイメージにあるロボットは、福島原発事故で放射能の危険から調査員を守る為に用いられるロボットなど、素晴らしい文明の利器であり、ロボット製作では、安川電機など日本のメーカーが世界をリードしているという明るい印象ばかりであったが、この記事で頭から水を掛けられた思いである。
 
なお、この記事によれば、導入を計画している国は、米国のほか英国、イスラエル、韓国、ロシア、中国などと言われているとのことである。
 
不勉強な私には分からないことばかりだが、先頃からインターネットを悪用しての他人なりすまし犯罪、北朝鮮、中国によるサイバー攻撃、ヘッジファンドによる金融市場攪乱などに驚かされている。
 
他方、一%の富裕層と九九%の貧困層で構成される差別化社会はアメリカだけのものかと思っていたら、十三億の中国でも、一握りの共産党党員のみが経済成長の成果を享受しているとか。
 
人類が追い求めてきた文明とは、すべての人々が豊かで平和な暮らしのできる世界ではなかったのか。未来のないこの歳になってこんな思いをするとは・・・。
 
(平成二十五年六月一日)
 

2013年10月31日

所長の佐藤です。

セミナーを各地で行っています。研修会や勉強会にも呼んでください。

 

トリガーポイント研究所 Facebookページ
セミナー・講座

『痛みが楽になるセミナー』
『エクササイズ無料体験会』
『痛み治療のワークショップ』
申し込みはこちら…

【神奈川県川崎市】
内臓反射テクニック講座
日時:2019年3月10日~
会場:サンピアンかわさき
住所:川崎市川崎区富士見2丁目5−2 ⇒詳細

【福岡県福岡市】
原因を突き止めるTRA講座(全3回)
日時:
1)4月07日(日)10時~17時
2)5月26日(日)10時~17時
3)6月16日(日)10時~17時
会場:Ramtha福岡
住所:福岡市東区千早4-1-6 稲光Ⅱビル2階 ⇒詳細

【兵庫県神戸市】
メディカル・ヨガ指導者養成講座
日時:2019年4月7日(日)~
   10時~15時
場所:神戸市勤労会館
住所:神戸市中央区雲井通5丁目1−2 ⇒詳細

【大阪府大阪市】
頭蓋オステオパシー講座
日時:2019年4月13日~
場所:こころ鍼灸整骨院 長居院
住所:大阪市住吉区長居1丁目3-38 ⇒詳細

会員募集
コンテンツ
所長のブログ